あなたは月々の返済のために、たった1回しかない貴重な人生の時間を無駄使いしていませんか?

  • 通帳の残高を毎日チェックしている
  • カードローンを複数社から借りている
  • クレジットカードはすでに限度MAX
  • 月々の返済がすでに滞っている
  • 返済するためにどうしたらいいかわからない

借金返済のために、毎月、毎月苦しい思いをしていませんか?

それをいつまで続けるつもりですか?

なぜこんなに苦しいのか?それは300万円の借金はすでに、レッドゾーンを超えているからです。つまり自力での返済はすでに不可能なレベルに借金が膨れ上がっている状況です。

このページでは、手取り20万円で借金が300万円という状況の理解と、『では、どうしたらいいのか?』という点について解説していきます。

今、ここで借金問題を解決していきましょう!

300万円の借金の返済がすでに不可能な3つの理由

最初に言っておきますと、あなたの手取り20万で借金300万円を自力で完済することはかなり難しい状況です。

その理由は、下記の3点です。

  1. 自力で返済可能な借金総額は年収の20%~50%
  2. 実際に計算してみると返済に5年以上かかるという事実
  3. 自力返済のためには、年収を増やすしか道はない

借金300万円といいますと、下記のような状況ではないでしょうか?

  • 複数のカードローンから借金している
  • 支払いがすでに遅れている

支払いが遅れている時点ですでに、自力返済が出来ていないという現状です。借金の返済が出来ないのならば、年収を増やすか、借金を減らすしか方法はありませんね!

自力で返済可能な借金総額は年収の20%~50%

まだまだカードローン会社からお金が借りられるということは、返済も出来るはず!そういった考えの人もいるでしょう。

しかし一般的に自力で返済出来る金額は、年収の20%~50%と言われています。

手取り20万円であれば、額面の年収は300万円~360万円程ですね。そう考えると、自力で返済出来る借金は大きく見積もっても180万円が限界です。

借金180万円がレッドゾーンギリギリ。

あくまで一般的な金額ですが、あなたが借金返済の天才でない限りは返済が不可能ということになります。

実際に計算してみると返済に5年以上かかるという事実

借金300万円を月々7万円返済した場合に完済するには、5年と10ヶ月かかります。

手取り20万円の生活費の合計を13万円で考えてみると、月々返済可能な金額は7万円程です。

生活費の内訳

  • 家賃5万円
  • 携帯1万円
  • 光熱費1万円
  • 食費3万円
  • 生活費3万円
  • 合計13万円

 

しかし、実際には冠婚葬祭での出費もあるでしょうし、車の維持費が必要な方もいるでしょう。かなりスムーズに返済出来たとして5年と10ヶ月ものあいだ返済しつづける必要があるということです。

また、現実問題、多重債務に陥っているならば各社の最低支払金額を合わせると10万超えているでしょうが・・・

さらに、例えば金利が18%で計算した場合の支払い総額は約480万円となります。カードローン会社を成長させるために5年で180万円もお布施をしているようなものですね・・・

あなたは最後まで耐えられますか?

おまとめローンはどうでしょう?という人へ

なお、金利を減らしたいというケースの場合にはおまとめローンを進められることが多いです。しかし手取り20万円で全額まとめられるケースはなく、ただの借金の借り換えになり結果的に損しますのでご注意を!

自力返済のためには、年収を増やすしか道はない

手取りが20万円では、借金を返済していくことはかなり難しい状況です。そのため、自力で返済するためには年収をUPさせるしか道はありません。

しかし、それは可能でしょうか?

年収をUPさせるには下記の3つの方法があります。

  • 今の会社で昇進して昇給を待つ
  • 転職して年収をUPさせる
  • 深夜バイトなど副業をやり遂げる

しかし実際には昇給にはとても時間がかかる上に年間で数千円UP、またはゼロという人がほとんどです。

さらに転職には最低でも1ヶ月~3ヶ月かかりますし、交通費など出費がかさみます。(また、年収ダウンのケースも...)

そのため、自力返済のためには収入UPのため副業をおこなう選択しか残らないことになります。

実際に手取り20万円の人が、300万円の借金を完済した例として多いのが『深夜バイト』などの副業で年収をUPさせることです。

ただしこれにはリスクがあり、現状ではほとんどの会社では副業禁止であること。そして、とてもやりきれるひとが少ないことです。

例え土日だけのバイトを行ったとしても休みはゼロになりますし、多めに見積もっても1日1万円で月に8万円の収入UPにしかなりません。

また借金返済のために人生を捨てる行為という点では、まったく状況がかわりませんね。

『もうどうしたらいいかわからない』人のための1つの解決策

このページでは、手取り20万円の人が現実的に考えて300万円の借金を返済することが不可能だということをお伝えしてきました。

その理由は下記の3点です。そして返済のためには『年収UP』しか道はありません。

  1. 自力で返済可能な借金総額は年収の20%~50%
  2. 実際に計算してみると返済に5年以上かかるという事実
  3. 自力返済のためには、年収を増やすしか道はない

しかし、血のにじむような努力で休みなく副業を含めて深夜バイト、土日も無休で働きつづけることは可能でしょうか?

そして、5年10ヶ月の間、金利含めて総額480万円を超える借金を返済できるでしょうか?

私には出来ませんでした。

そして、どうしたらいいのかわからないくなりました。

2016年当時26歳だった私は、借金の総額が約320万円で手取り収入が23万円(うち3万円交通費)という状況でした。

借金の理由はパチスロなどのギャンブルや、大人のお店など完全の自分のせい。そのため、もちろん深夜バイトだろうが、土日に副業だろうがなんでもやってやる気持ちでしたが長くは続きませんでした。

なにせいくら頑張っても借金は減らないのですから・・・

当時の借金の内訳

  • クレジットカードA社 72万 月2万円
  • クレジットカードB社 14万 月5千円
  • 消費者金融A社 70万 月2万円
  • 消費者金融B社 47万 月1万5千円
  • 消費者金融C社 56万 月1万5千円
  • 銀行カードA社 62万 月1万5千円

 

しかし、そんな私でもこれから紹介する方法でなんとかなりました(^^;)

このページは過去の私のような人が借金問題から開放されることを願って作成&運営しています。

赤の他人が作ったサイトのネットの情報なんて信用できないでしょう。でもデメリットまで解説しますから、最後はご自身で判断してくださいね!

まだ間に合いますから・・・

借金返済のための最終手段は『借金を減らす』こと

このページでは、借金を自力で返済するためには、年収UPしか道はないとお伝えしました。

しかし、他人(法律のプロ、つまり弁護士など)に頼った場合は借金を減らすことが可能だと知っていますか?

  • すでに支払いが滞っている
  • どうしたら返済出来るかもうわからない
  • 複数の会社からローンを借りている

といった状況でもOKでした。

その方法は『債務整理』です。

わたし自身そうだったのですが、借金をなくすためには自己破産しかない!そんな最悪の方法は嫌だと考えていました。

しかし実際は、家も、車も手放さずに借金問題を解決出来るケースの方が多い・・・

下記のサイトにて、自分の借金がいくら減るかチェックし、専門家に相談出来ます。

→詳しくはコチラ

※24時間OKで無料でした。

なお、借金を無条件で減らすことは出来ずに、私の場合はデメリットもありました。

それは金融ブラックになってしまい、クレジットカードが作れなくなることでした。そのため、今後もしばらくはデビットカードで生活します。

でもそれだけです。

貴重な人生を借金返済で終わらせないために、今出来ることを選択してください。

更新日:

Copyright© 手取り20万じゃ借金300万の返済は辛い【だけど債務整理で楽になった】 , 2018 All Rights Reserved.